雨降って地固まる!!?

堀尾麻衣のコラム

なぜ、私が「和心講座」をするようになったのか?

こんにちは。セミナー講師をしたり、「おもてなし和心講座」をしたり、スタッフ育成をしたり
人気コミュニティ「ワークライフラボラトリー」を運営したりしながら、

将来は「松下村塾」のような「ワンピース」のような学校を作り
「天命をしり、生きていく力が溢れた人たち」がこの世に沢山いたらいいなぁと企む
THDCの堀尾です。

さて、今日は「なぜ和心講座を始めたのか?」って話

んーーーーーーーと、これは「歯科の受付」時代に遡るんですが
20代のときに、おしとやかなイメージの歯科受付を目指して、おしとやかにしていたら………

モテた。。。

っていう、くだらない話が発端なんですが…

でもね、そうしていくうちに、「偽りの思いやり」と、「本当の思いあい」は
患者さんの態度に出てくることがわかったんです!!

ただの見せかけだけで、「モテたら嬉しい」という優越感だけで
おもてなし しているときは・・・

実は「いい女」の意味を勘違いして「いい女風」の声色だったり

仕草を気を付けたり、化粧に気を使ったり・・(外見や外面)
そんなとこにばっかり気を使っていたら…………

なんでかわからないけど、患者さんから嫌われたΣ( ̄ロ ̄lll)ガーン
なんだろうな……患者さんの態度が冷たく感じたり、「人」として扱ってもらえてないような?

そんな感覚。

でも、私が心から接した人(感覚的には家族みたいな人?)は、
「あいにきたよーーーーー」なんて言ってもらえたりして…(笑)

なんだかなーーーーーー

自分が可愛いって思っていた自分は、「かわいくない」し

自分が「いい女」を気取るの忘れたときは「かわいい」って

モテる!!!!

じーちゃんから、ばーちゃん・・老若男女問わず「モテる」

この違いわかる??

 

何が違ったか?本当に「口」だけでなく、「心」から相手を「敬った」だけ。

おぉ~って感動していたら、ある本に(タイトル忘れた)
日本人って、そうやって「和」を重んじて相手を敬い、調和してきたっていうニュアンスが
書いてあって、

あんな心地いい 感覚を、皆に知ってもらえたらいいのになーーーーーー

って思って、「真のおもてなし」って何か?を歴史から、禅から、きになるもの
何でも学びだしたら、

あるところから、「おっ、これだ!!!」ってマナーとの融合が出来て

伝えることができるようになったとさ”!!

 

タイトルとURLをコピーしました